もっと介護生活を楽に!使ってみたい介護アイデア商品 | glamcare

介護の魅力的な道具を伝えるWEBメディア

ロゴ


記事サムネイル

ケアアイテム

2017/8/3

もっと介護生活を楽に!使ってみたい介護アイデア商品

TWEET
このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと介護生活を楽に!使ってみたい介護アイデア商品


介護者も介護される側にも心理的・身体的負担が大きい介護生活。要介護者数が増えている今、ちょっとした工夫を凝らすことでより介護がしやすく、介護生活が楽になるアイデア商品が次々と発売されています。

自宅でも使える使ってみたい介護アイデア商品をご紹介します。

入浴を安全にする「浴槽用ワンタッチステップ」


自宅の浴室で入浴をするとき、若い頃にはなんとも思わなかった浴槽の深さや段差が入浴時に大きなハードルとなることは少なくありません。

高齢の方や、足腰の弱った方も安全に入浴できるようサポートしてくれるのが、浴槽用ワンタッチステップです。

浴槽の淵に引っ掛けて設置するため、工事などの手間がかからず、取り付けも簡単。踏み台部分は滑り止め防止の加工が施されているため、浴室への出入りが楽々になります。

「浴槽用ワンタッチステップ」はこちら

水洗い掃除機「スイトル」


東京都内に本社を置く、家電メーカー・シリウスが2017年に発売したのが、水洗いをしながら水噴射と同時に汚れを吸い取ってくれる掃除機「スイトル」です。

自宅にある掃除機に取り付けて使えるため、排泄物や嘔吐物などを水洗いしたいときにも便利です。水の力で掃除することができ、洗剤などを使った掃除も可能となっています。

「スイトル」はこちら

排泄予知デバイス「DFree」


介護の中でも介護される側・する側双方に精神的な負担を強いるのが排泄に関するケアです。

トイレに行きたくても間に合わない、ケアする側が排泄のタイミングを測れず四苦八苦……といった排泄ケアに関する悩みを解決する商品として注目が集まっているのが排泄予知デバイス「DFree」です。

超音波センサーを使って、体内にたまる尿の量などを検知。トイレのタイミングになるとスマートフォンなどへ知らせてくれるウェアラブルデバイスです。

まだ商品化こそされていないものの、介護生活で悩みを抱えている排泄に関するケアを楽にする可能性があるこの商品。介護施設でのトライアル試用などもスタートしていますので、個人でも購入できる未来はそう遠くないかもしれません。

「DFree」はこちら

まとめ


ちょっとしたアイデアから、最先端の技術を使ったものまで介護アイデア商品は実にさまざま。介護用品の専門ショップなどでも、面白い便利グッズを見つけることができます。

転倒防止など身近なもの意外にも、ちょっと道具を変えるだけで介護生活がとても楽になることはよくあること。

ぜひ、こまめに便利グッズの情報をチェックしたり、身近な介護仲間と情報交換したりしながら、介護生活が少しでも楽になるよう工夫していきたいですね。