おしゃれを楽しもう!介護デザイン商品〜ファッション編〜 | glamcare

介護の魅力的な道具を伝えるWEBメディア

ロゴ


記事サムネイル

ケアアイテム

2017/8/7

おしゃれを楽しもう!介護デザイン商品〜ファッション編〜

TWEET
このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれを楽しもう!介護デザイン商品〜ファッション編〜


介護生活を送る方だけでなく、世代・性別を超えておしゃれは暮らしに潤いを与えてくれる大切な要素です。とかく介護生活では、そんなおしゃれも後回しになってしまいがち。

最近では、介護を必要とされる方がより良く生活するためのおしゃれな介護デザイン商品が登場しています。

今回は、ファッションという切り口から介護デザイン商品をご紹介します。

車椅子もデニム生地でおしゃれに!


自分で歩くことがむずしくなった要介護者の移動手段として活躍している車椅子。外出の際にも使う方が多いかもしれませんが、車椅子とおしゃれは無縁でした。

車のデザインにこだわる人がいるように、車椅子だってデザインにこだわれば、外出がより楽しみなものになりますよね。

株式会社ザラボでは、車椅子の老舗メーカー株式会社ミキが発売している車椅子「BAL-1」をおしゃれなデニム生地にしたジーンズ車椅子「JEANS BY M LAB-1」を発売しています。

「JEANS BY M LAB-1」はこちら

外出着としても使える「プレタ介護エプロン」


食事介助が必要な方にとって、食事の際にエプロンをすることはよくあること。外出先で食事を楽しむ際にもエプロンをするシーンはありますよね。

でも、これまでの介護用エプロンは、どちらかといえばデザイン性よりも機能性が重視され、あまりファッショナブルかどうかは重要視されてきませんでした。

プレタ介護エプロンは、着脱しやすく、ブラウスのようにおしゃれな装いのエプロンです。撥水加工が施され、大きめのアームホール、片側はボタン留めにするなど介護者のニーズを考えて作られています。

素敵なレストランでもおしゃれに食事をしたいという要介護者の気持ちを汲み取った介護デザイン商品と言えるでしょう。

「プレタ介護エプロン」はこちら

介護服を倉敷デニムで!介護用品ブランド「AUN」


倉敷帆布とデニムを使った介護服や介護用品を生み出す「AUN」は、介護生活にもさりげないおしゃれを、というコンセプトから生まれたユニバーサルデザインブランドです。

たとえば、大腿骨近位部の骨折リスクを軽減する衝撃吸収パッドを装着できるおしゃれな立体デザインのデニムズボンや、移乗介助機能付きのジーンズなど着ている人もおしゃれが楽しめる商品が魅力。

介護保険認定商品の膝折れ防止具と移乗介助クッションがセットになった「リフティ・ピーヴォセット」も発売されています。

ユニバーサルデザイン商品ブランド「AUN」はこちら

まとめ


普段何気なく着る服や、使う道具一つ取っても、おしゃれを楽しむ気持ちを介護生活にもたらしてくれる介護デザイン商品は、これからも続々と登場することが予想されます。

介護を受ける方にとっても、日常でちょっと楽しみが増えることで自立や生きる気力にもつながるものですよね。ぜひご自宅で介護をされる方も、施設生活を送られる方も、おしゃれな介護デザイン商品、使ってみてはいかがでしょうか?